私のアバター名前とか。

SNSサイトによりニックネームで登録することが増えました。今でこそ芸名ラスト☆クリスタルです。

しかし、あまりに、グルメなスポットとか観光地を多く知っているので「歩くるるぶ」と呼ばれることもあります。

モバゲータウンなんかではラスト☆クリスタルと入力したいけど文字数オーバーして、入力できません。なのでラスクリさんという名前で登録していました。

芸名とかない時は、自分をキン肉マンのキャラに例えて、アシュラマンと名付けていた時もありました。

また、格闘技が好きだったのでルスランカラエフと名付けていた時もありました。

また、るろうに剣心のファンなので、逆刃刀剣心とモバゲータウンで名付けていた時もあります。

昔から呼ばれていたあだ名とかは、ノブリンは多いです。名前に近いし親しみが込められてますね。

また富田という文字を少し変えた富ちゃんと呼ばれることもありました。

また名前を少し変えて、のんちゃんとも呼ぶ人もいました。ちなみにうちの母も、のんちゃんと呼ぶ時があります。

富田だけにトミーはどうなん?とかこんなユニークな感じで呼ばれることもありました。本当に様々なニックネームがありますね。

今度はトミー&ノブーとかそんなニックネームにしたいです。

お仕事あるあるネタ

私が実際働いた仕事とか友人とかから聞く話の職業とか、仕事って本当に多いなあと思います。

本日アルバイトで聞いた話では建築関係とかの仕事は日払いで木をチェーンソーで切ったり石を猫車で運んだり捨てたりする作業でものすごく稼げたらしいです。

時給も良いし日払い金額一万を軽く超えたそうです。実に美味しい仕事だなあと思います。

また、交通量調査のアルバイトはすごく楽に稼げてとんでもない高額が支給されると聞きました。

ただ座ってカウントしているだけなんで肉体的にも精神的にもダメージは少ないそうです。

楽してたくさん稼げる仕事も世の中あるなあと思いました。楽じゃないけどワイルドな仕事は日払いで多額が稼げるのも有名な話です。

意外に稼げないのがコンサートの設置スタッフだと思います。時給700円で12時間働いても、あらら?な金額だったのを覚えています。

相当怒られて怖かったですね。でもアーティストのコンサート中は待機なんで非常に楽勝でした。

スーツに着替えて案内する役割もありました。すごく珍しいタイプの仕事だなあと思います。

弁当が出たし当時は日払い可能だったので嬉しかったです。ただ相当疲れました。

向いているなら問題ありませんが私は微妙だったかなと思います。

K1ヘビー級を振り返る

1993年から始まったK1GPは2010年くらいまでテレビ放送されていました。当初はアンディフグが人気がありました。彼の試合はほとんどハズレはなく、かかと落とし!バックハンドブロー、それ以上に諦めない気持ちが試合に出てました。感動したのは96年に彼がアーネストホーストやベルナルドをフグトルネードで倒し優勝した時です。

ピーターアーツこそミスターK1です。40歳くらいまで戦い続けました。ラストバトルはネットでみましたが新鋭と大接戦の末、僅差で敗れはしたものの大健闘しました。

ボブサップ、彼の存在がK1を続くチエホンマンとかモンスター路線に変えたと思います。最初はホーストを2度も倒し誰がサップを止めるのかが話題となりました。

ミルコクロコップにより顔面恐怖心が芽生え失速しましたが、近年もプロレスなどで戦い続けるサップはザビーストならぬザエンターテイメントだと思います。

ルスランカラエフやバダハリ、京太郎による新世代の活躍が目立った2007年くらいのK1ストーリーはパワー重視のヘビー級の試合の概念を吹き飛ばし、スピードとアグレッシブさが見どころとなってます。

特に2007年横浜大会でのルスランカラエフ対バダハリの遺恨マッチはK1ストーリー最大だと言えます。ダウン奪われてからの逆転KO。鳥肌ものでした。

ドラゴンクエスト全般オススメ

ドラゴンクエストの新作がPS4で発売される日が近づいてます。今回は大画面で主人公や懐かしのアリーナとかゼシカらも登場する迫力のあるドラクエでドラクエ初の声優陣も女優さんを起用するそうです。

ドラクエの進化は私たちの期待を決して裏切りません。転職システムとかスマホアプリならではのスマホゲームにしてもドラクエモンスターズにしても、常に斬新そのものです。

ストーリーは、主人公らが喋らずタンタンと進んでいるはずなのになんでこんなにもハマるのか逆に不思議でなりません。

現在、私はドラクエ9をプレイしています。ドラクエ初の持ち運べるドラクエなので、どこか旅する時に、DSのドラクエも持ち運びつつ冒険をクリアすることもできます。

ドラクエ音楽と言えば、すぎやまこういちさんです。ザタイガース時代の雰囲気もあるなおかつクラッシックなBGMはプレイ中はもちろん!クリアした後も何度も聴きたい曲です。特にドラクエ3のゾーマと、大空を跳ぶ、ほこらのBGM、アレフガルト、ロトのテーマとどれも何度も聴きたいです。

モンスターが鳥山明デザインのどんなゲームのモンスターより親しみ深いし、覚えやすいです。最近はモンスターも魔法とか特殊技の時、ムーブも楽しいです。

ドラクエといえば魔法、メラ、ホイミ、ルーラ、など個人的には大好きです。