矢口真里の生きる道

矢口真里が徐々にメディアへの露出を増やし始めてる。
やった事がやった事なので、今までのアイドルとしてのキャラでの復帰はもう難しいでしょうね。
やっぱり、アイドルとしては、絶対にやっちゃいけない事だったっていうイメージがありますから。
でも最初に復帰第一弾でミヤネ屋に出た時は、まだ以前の優等生キャラを引っ張ってた感じがする。
殊勝に謝罪をして釈明をするっていう感じに終始してましたね。
でもどうなんでしょう?
過去に大鶴義丹が同じ事をやって、マルシアを激怒させて離婚に至りましたけど、こういってはなんですが、男性がやるのならともかく、女性が、しかもアイドルキャラの女性がやっちゃいましたからね、もしタレント活動をやりたいのであれば、逆にこれをチャンスととらえて、ここはもうキャラ変更をするべきなんだと思います。
優等生キャラはもう誰も受け入れないのですから、毒のあるキャラ設定に変更すべきだと思います。
思いっきりお下劣キャラなんていいんじゃないですかね?
今までそういうキャラの人って、女性お笑い芸人の専売特許でしたから、新しいジャンルを確立するチャンスだと思います。
いいじゃないですか、そういうぶっちゃけキャラで、下ネタもOK!みたいな。
ま、後は本人がやる気があるかどうかなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>